アントン・サーマックとヒューイ・ロングの暗殺について

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1936年1月のある夜、ムーニーがにわかに政治の話を始めた。

当時フランクリン・ルーズベルト大統領は、史上最高の大統領だというもっぱらの評判で、チャックも子供心にそう思っていた。

ところがムーニーは「ルーズベルトは俺たちの味方だ」と言うのだ。

チャックには言っている意味が理解できなかった。

ムーニーが説明した。

「味方にならなければ殺されるからな。サーマックみたいに。
 それからヒューイ・ロングみたいにな。

 ロングはルイジアナ選出の上院議員だったが、ニューヨークにいる
 俺たちの仲間がニューオーリンズのボスに依頼して殺してもらった。
 どこかの気違いがやったように見せかけてな。」

ムーニーは笑い声を上げたが、まじめな顔に戻り付け加えた。

「いずれ世間も真相を知るだろうが。」

彼はさらにこう説明した。

「射撃の名手で借金で首が回らなくなった男を見つけて、
 暗殺を請け負わせるのは昔からよくある。

 アントン・サーマックはシカゴ市長でアル・カポネの敵だったが、
 正真正銘の裏切り者だ。

 奴は長年、カポネのライバルのテディ・ニューベリーという
 ギャングに肩入れして、カポネと戦っていた。

 1932年にサーマックは部下を使って、カポネ軍団の一線隊長で
 あるフランク・ネティを殺そうとしたが、失敗した。

 その後、ポール・リッカ(カポネの後継者になる男)が逆に
 ニューベリーを殺した。

 サーマックは自分の身も危ういと思ってフロリダへ逃げたが、
 リッカはジョー・ザンガラという男を使ってサーマックを消した。

 ザンガラはいいカモで、イタリア陸軍で磨いた射撃の腕は確かだが、
 博打に溺れてシカゴ・シンジケートから巨額の借金をしていた。

 奴は、サーマックを殺すか自分が破滅するかの選択を迫られた。」

1933年2月15日に、アントン・サーマックはルーズベルト大統領をマイアミに迎え、オープンカーに同乗しているところをザンガラに撃たれた。

逮捕されたザンガラは、自分は資本主義に反対する者でルーズベルトを狙ったと主張したが、もちろんこれは嘘で、彼はれっきとした共和党員だった。

ザンガラとシカゴ・シンジケートの関係は、賄賂をもらった警察によって秘匿され、ザンガラは死刑となって電気椅子に送られた。

「何もかもうまく行ったのさ」、ムーニーはそう言ってニヤリと笑った。

ヒューイ・ロングについても、以下の話が真相だと言う。

この上院議員はシンジケートと密接な関係を持ち、全米のマフィアと手を結んできた。

しかし1935年頃には、どうにも手に負えない人物になり、彼を暗殺する狂人が指名された。

ロングは欲をかき過ぎたのだ。彼は年間300万ドルを超える分け前を要求していた。

「あいつの要求通りにしたら、シンジケートの利益がなくなる。

 仲間にも利益が行き渡るようにするのが大切なのに、
 ロングはそれを忘れた。」

(2018年10月1日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る