組合の乗っ取り②

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1937年の3月末、「ベラ・ナポリ」にムーニーとチャックは呼び出された。

店に着き、ムーニーはポール・リッカとマレー・ハンフリーズのいる席に座り、チャックは壁を背にして立った。

リッカは切り出した。

「揉め事があってな。

 ムーニー、お前ならうまく処理できると思ってな。」

そして長い葉巻に火をつけ、先を続けた。

「床屋の組合をおとなしくさせにゃならんのよ。
 じいさんが2人わめき始めてな、説得せにゃならん。

 店はルーミス・ストリートとテーラー・ストリートの角だ。」

ムーニーは一言も言わずに立ち上がった。

「そいつは片付いたと思って下さい」それだけ言うと、チャックに付いてこいと合図した。

車で自宅に戻る途中、ムーニーが突然言った。

「助っ人が要るだろうな。
 いつもの2人に加えて、カール・トルシエッロも送り込もう。

 奴め、ひどく金に困っているらしい。」

トルシエッロは、ムーニーに仕事がほしいと頼んでいた。

「俺はカールを気に入ってんだよ。あいつにチャンスをやって、様子を見よう」

自宅の戻るとムーニーは、すぐにファット・レナードに電話し、トルシエッロの所に行って仕事に加えるよう命じた。

20年後に、トルシエッロはこの時の事をチャックに語っている。

「あの頃は、金が欲しくて欲しくて。
 大恐慌の最中で、テーブルの上に食いもんがありゃあ幸せって
 時代だったからな。」

当時の彼は、1日18時間も荷下ろしの仕事をして、週15ドルしかもらってなかった。

夜7時きっかりに、男たちがトルシエッロを迎えにきた。

無法者ジェームズ・トレッロ、狂犬デステファノ、ファット・レナードの3人で、「残忍さでは誰にも負けない」と評判の連中だ。

狂犬デステファノは、伊達にそう呼ばれるわけじゃない。
正真正銘の狂人で、いきなり狂ったように笑いだす。

どこへ行くにもパジャマ姿で、ズボンの前も開けっ放しだ。
残虐な殺し屋で、誰もが避けて通っていた。

目的の床屋に着くと、レナードら3人は錠をかなてこでこじ開けて押し入った。

彼らは野球のバットや、真鍮のナックルや、ピストルを持っている。
それがトルシエッロの神経をぴりぴりさせた。

奥の部屋に、狂犬と無法者がバットを振り上げて突撃すると、そこには2人の老人がいた。

1人は粋な口髭のある頭が禿げかかった男で、もう1人は髪が真っ白で70に手が届こうかというところだ。

「何てことを。何が欲しいんだ」口髭が叫んだ。

そして「金ならここにある」とスチールの金庫のほうに手を振った。

「金じゃないよ」と白髪の老人は言い、「組合のことで来たのさ」と4人の闖入者と向き合った。

白髪の老人は勇敢だった。
トルシエッロは急にその場から消えたくなった。

無法者がバットを振り上げ、机に打ち下ろした。
さらにドル札や領収書を机から払い落とし、床に散乱させた。

「そうだよ、じいさん」レナードが言った。

「組合のことで来たんだ。あんたら何か文句があるって聞いたからさ。
 口出しせんこったな。さもないと二度と商売できなくなるぜ。」

レナードは銃を取り出して続けた。

「さあ、どうする。俺たちに殺られたいかい。」

老人たちが返事をする前に、狂犬がバットで白髪の頭になぐりかかった。

頭頂に血潮が飛び、古新聞のように床に崩おれた。

慈悲を求めて見上げる老人に、しかしバットは再び振り下ろされた。
今度は脚でぐしゃりと音がし、老人は気を失って倒れこんだ。

「やったぜ狂犬、たっぷり教えてやったな」無法者が興奮して声を上げた。

トルシエッロは気分が悪くなり、ムーニーのギャング団に仲間入りしようなんて愚かな考えだったと思った。

「死んじまうじゃないか」
もう1人の床屋が悲鳴を上げ、狂犬に跳びかかった。

しかし無法者の一撃をこめかみに受けて、ふらふらと机にもたれかかった。

「おい何ぐずぐずしてんだ。
 こんちくしょうに、きつーいお勉強をさせてやるんだろ?

 誰に投票したらいいか身体に覚えさせてやりな。」

レナードは言い、一歩下がって葉巻に火をつけた。

ナックルを振りかざして狂犬と無法者は老人に襲いかかった。

老人の指が1本1本、パキッパキッと折られた。

老人はしばらく抵抗していたが、やがて意識を失った。

「くたばったか?」無法者が煙草に火をつけながら、くすくす笑って言った。

「いや、死にゃあしねえよ。殺るために来たんじゃないからな。
 こいつらには投票してもらわにゃ。」とレナード。

トルシエッロは老人がやられている最中に、こっそり店の外に逃げ出していた。
耐えられなかったのだ。

「俺にはできない。どれだけ金を積まれても、できない。」

トルシエッロは心に決めた。ムーニーの世話にはなるまいと。

ムーニーは後になって、レナードから報告を受けた。

ムーニーは曖昧に同情を示し、「残念だな。カールはたいした男なんだが…」と言った。

この反応にチャックは驚きを隠せなかった。

カール・トルシエッロの行動は、普通ならば腰抜けと見られ厳罰を受けるはずだ。

チャックの心中を見透かすようにムーニーが続けた。

「少なくとも邪魔だてはしなかった。
 要するにこの仕事に向いてないだけだ。

 そっとしておいてやれ。もしチャンスがあればもう1度機会をやろう。
 今度のような仕事は受けんだろうが。」

(2018年10月5日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る