酒乱の義兄を虐待する(虐待返し)、殺し屋の心理

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

ムーニーは、コーヒーを注文するような気軽さで、殺しの指令を下す。

仕事場では、無表情のまま何時間も黙って座っていることがよくあった。

しかし自宅では昔と同じだった。妻や娘を相手に感情を爆発させる。

チャックは、何度かムーニーが妻のアンジェを殴っているのを見たことがあった。

アンジェは、夫が何人もの女と浮気しているのに気付いており、たまに非難する。

するとムーニーは「口を挟むな、俺が何をしようと口出しするんじゃない」と言い、殴る構えをして脅すのだ。

ムーニーは罪ほろぼしに、アンジェに服や指輪を買い与えていた。

ムーニーの姉レナは、トニー・カンポという男と惨めな結婚生活を送っていた。

トニーはムーニーの手下だが、取るに足りない存在だった。
おかげでレナや子供は貧乏に喘いでいた。

トニーのレナへの虐待は公然の秘密で、それが一層ムーニーの怒りを買った。

毎日のようにレナから助けを求める電話があったが、1938年12月の深夜に電話をうけたムーニーはついに怒りを爆発させた。

チャックを連れてレナの家に着くと、レナは家の外におり、殴られた跡が紫色のアザになっていた。家から追い出されたのだと言う。

ムーニーがドアをノックすると、カンポが顔を覗かせてドアを開けた。

ムーニーは、チャックに「そこにいろ」と言って室内に入り、酔いのまわった義兄の動きを見つめた。

「トニー、今度はいったい何事だ?」

「それだ、あいつはなっちゃねえ。亭主の言うこともわからん能無しだ。」

ムーニーはドアを開け放したまま、コートを脱ぎ椅子に座った。

「楽にしてくれムーニー、何か飲るか?」
カンポが、テーブルにボトルを置いた。

ムーニーはポケットに手を伸ばし銃を取り出すと、椅子から立ち上がった。

「もう飽き飽きだ、この下衆野郎」

トニー・カンポを椅子から引きずり上げ、獣のような唸り声と共に壁に突き飛ばした。

銃口を腹に突きつけ、片腕でカンポを壁に押しつける。

「ムーニー、頼む。腹を立てただけだ、レナを愛してる。」カンポが哀れな声を出した。

ムーニーは笑い、銃口をカンポの口に捩じこんだ。

「この引き金を引けばおしまいだ。ズドーン、そうしたいか?」

「ムーニーお願いだよ、二度と殴らねえ、約束する」

「約束?」ムーニーがせせら笑った。

「約束だと? お前は出来損ないのアル中だ、違うか? 
 答えろ、トニー。」

「そ…そうだ。ムーニー、お前の言う通りだ。」

「この銃をお前に食わせよう。味わえ、銃を味わうんだ。
 冷たかないか?レバーを引けば温かくなる。うまいか、トニー。」

カンポの眼は恐怖でカッと見開いていた。
ムーニーがさらに銃を突っ込むと、喉がゲーッと鳴った。

「気分はどうだ? なぶり者にされたいか? されたくねーよな。
 レナだってそうさ、二度とやるな。お陀仏になるぞ。」

ムーニーが銃を引き抜いた。

「とっとと出ていけ、気が変わって脳天を吹き飛ばす前にな」

カンポは家を飛び出していった。

帰りの車中、ムーニーは静かだった。

「なぜ殺らなかったんだ、野郎にはふさわしいだろ?」チャックが訊いた。

「姉や子供の目の前で殺ると思うか?
 ましてカンポは大馬鹿だ。殺る価値もない。

 俺はアル中やバクチ打ちには興味はねえ。酒やバクチに支配される
 弱い奴らだ。
 哀れな羊どもだ。支配されるだけの人間だ。」

「だが、あいつは殺るべきだ」チャックは怒気を交えて言った。

「そう思うか、それじゃ殺ってみろ」ムーニーはポケットから銃を出した。

「いやいや、いいんだムーニー」チャックは慌てて制した。

「そうだろうぜ」ムーニーは声をたてて笑った。

「殺しはお前の思ってるようなもんじゃない。
 時には親友同然の相手のこともある。

 後をそっとつけ廻して、癖を探り出す。
 根城はどこか、妻子はどこに住んでいるか、仲間は誰か、
 洗いざらい抉り出す。」

チャックは、ムーニーの眼元が突如生気を帯び、ギラリと光るのを見た。

「そうして機が熟したら、猫のように忍び寄る。

 心臓の高鳴りが耳に伝わり、生きていることを実感する。
 味わったことのない生気を。
 腕や首筋の産毛が逆立つ。」

ムーニーはホッと息をついだ。

「死ぬほどやりたかった女と車の後部シートに居るくらい熱い、
 だが遥かに良い気分だ。

 時にはじっくり楽しみたい事もある。
 その時は奴と遊ぶ、少しおもちゃにしてやるさ。
 連中はどいつも同じ事をする、命乞いだ。

 ケリをつけにぶっ放すと、野郎はジャガイモ袋のように崩れ落ちる。」

ムーニーが含み笑いをした。

「事が終わりスーツに目をやると、奴の血が全身に…。

 無性に腹が立ち、野郎をもう一度殺したくなる。」

ムーニーがまくしたてるにつれ、チャックの鼓動は高鳴り、胃がキリキリと痛んだ。
名状しがたい恐怖に襲われた。

それから1ヵ月も経たぬ1939年1月17日に、財務省のエージェントが酒の密造元を急襲し、配下もろともムーニーは逮捕された。

5月に裁判が始まり、減刑を示唆されたムーニーは無罪の主張を撤回し、懲役4年を言い渡された。

10月に連邦刑務所に送致された。

(2018年10月10日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る