黒人ギャングと組みポリシーに進出
ブラウン=ビオフ事件でボスのリッカがムショ送りに

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

ムーニーは、1942年の年末に仮釈放で出所してきた。

ムーニーの入所中にチャックは20歳になっており、ムーニーは対等の男として扱いだした。

出所して数週間後に、ムーニーは言った。

「俺はクロは馬鹿ばかりだと思ってた。間抜けでぐうたらだと。

 だが、サウスサイド(シカゴ南地区の黒人街)には、
 どえらく稼いでいるクロがいる。」

「どうやって」チャックが口を挟んだ。

「ポリシー(数字を当てるバクチ)だ。」

「ポリシー? あんなもの、クロのしけた遊びじゃないのか?」

ムーニーはニヤリとした。

「俺だってそう思ってた。
 だがニューヨークの(ボスの)ダッチ・シュルツは、30年代から
 知っていて、ポリシーで日に100万ドルも稼いでやがった。」

さらに説明する。

「ポリシーは5セントでやれる。5セントくらい自由にならん
 奴はいない。

 まして南地区の奴らは一人残らずやる。
 連中は5セントで夢が買えるわけだ。

 量なんだ、チャック。決まったパーセントは店のあがりだ。

 刑務所でエディ・ジョーンズと知り合った。ポリシー屋のクロだ。

 ジョーンズによると、ポリシーが生まれたのはニューオーリンズで、
 まだ奴隷制の時代だった。
 クロと共に北に拡まり、シカゴに達した。」

「だが、クロはシロを仲間には入れない。だから関係ねえだろう?」
チャックが聞いた。

「そこだ、エディ・ジョーンズと話はついている。

 エディが出所すればパートナーになる。
 それまでは奴の弟のジョージと組む。

 ボロい商売だ。」

ムーニーによると、エディ兄弟はポリシーのチェーンを築いて、千人もの手下を働かせて1日に5万ドル以上も得ているという。

「ジョーンズは稼いだ金を合法ビジネス、商店やホテルやアパートに
 つぎ込んでいる。
 さらに奴はメキシコに土地とマンションを有している。」

「で、これからどうなる?」チャックは尋ねた。

「次はポリシーだ、チャック。
 明朝、ジョージ・ジョーンズに会い、夜にはポール・リッカと
 ジェイク・グーズィクと会合だ。」

この年、シカゴ・シンジケートのボス達は、『ブラウン=ビオフ事件』で連邦当局から告発されるのを免れようと躍起になっていた。

3年前に、当局はシカゴ・シンジケートの組合員ウィリー・ビオフが率いるIATSE&MPO(舞台と映画関係者の組合)を調べ上げた。

そしてシンジケート幹部に至る数々の違法行為を見つけた。

最終的にビオフとジョージ・ブラウンの2人が起訴され、20世紀フォックスのプロデューサーであるジョー・シェンクも脱税で投獄された。

ジョー・シェンクは、シンジケートに代わってルーズベルト候補へ選挙資金を渡し、シカゴ・シンジケートから4000万ドルをもらっていた。

ムーニーの話では、大統領に当選したルーズベルトは暗黒街の貢献に報いて、労働ギャングでアマルガメイテッド・クローズィング・ワーカーズ会長のシドニー・ヒルマンを労働顧問にした。

さらにムーニーが「身内」と呼ぶハリー・トルーマンを、DNC議長にし、副大統領にもした。

ウィリー・ビオフは当局に供述し始めていて、シカゴ・シンジケートのボスであるポール・リッカは焦っていた。
だが奇妙なことに、ムーニーは出来事を楽しんでいた。

チャックは疑問を口にした。
「リッカがムショ送りになれば、シンジケートは目茶苦茶になるんじゃないのか?」

ムーニーは曰くありげにほくそ笑んだ。
「いや、事を治められる奴がいればそうはならない。
 リッカ達は10年はくらう。その間に誰かがトップに立つ。」

ムーニーは猛烈な勢いで、ポリシーなどのギャンブル事業にのめり込んでいった。
ファット・レナードを副ボスに起用し、賭場を開設していった。

やがてシカゴ市内に200ヵ所、市外にも24ヵ所の賭場を保有するまでになった。
これらの賭場は、スタッフが5人ほどの小規模なものだ。

1ヵ所のあがりは月平均で2000ドルは下らない。
月末になるとムーニーの許に現金が運ばれてきた。

1943年3月に、チャックは賭場の見張りの仕事を始めた。
週75ドルの給料で、当時は大金だった。

この頃、ポール・リッカらに告発の噂が流れた。

リッカは配下のフランク・ネティに、「単独犯として自供して1人で罪をかぶれ」と命じた。

だがネティは自殺を図り、リッカ達は残らず起訴される羽目になった。

10年の刑を宣告されたリッカは、トニー・アカードを後継者に指名し、マレー・ハンフリーズとジェイク・グーズィクを補佐役とした。

ムーニーは最大の出世チャンスとばかりに、間髪入れず基盤固めに着手した。

(2018年10月10~11日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る