ニューヨーク・マフィアについて、
ムーニーはコステロと同盟を結ぶ

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1946年に、ムーニーはトニー・アカード(シカゴ・シンジケートのボス)の右腕に出世した。

この格上げは、ギャンブル事業の成功と勢力拡大がもたらしたものだ。

この年、ムーニーはニューヨークを頻繁に訪れた。

ニューヨーク・マフィアのボスであるフランク・コステロと、大きなビジネスをしていたからだ。

そもそもニューヨークは、ラッキー・ルチアーノがボスだった。

だが1936年に投獄され、2度にわたり仮釈放を申請したが却下された。

第二次大戦中に情報当局から求められて、ルチアーノはイタリアにいるマフィアのボスであるドン・ヴィジニーに、米軍のヨーロッパ上陸の支援を要請した。

だがこれも、釈放の材料にはならなかった。

ムーニーによれば、ルチアーノからの9万ドルのトーマス・デューイ(ルチアーノを投獄した張本人)への選挙支援は、マイヤー・ランスキーのフロリダ州タンパの将来の利権、バハマでのギャンブル事業の利益の供与とあいまって、デューイの好意を獲得し、ルチアーノの釈放につながった。

こうして1945年に、ルチアーノは国外退去を条件に釈放された。

デューイは非難の的になったが、大統領候補に転じていた彼は、戦時中にルチアーノが国家に貢献したと主張して釈放を正当化した。

ルチアーノはイタリアに移住すると、ニューヨークでの後継者にフランク・コステロを据えた。

コステロは、兄エディの影響でマフィアになり、禁酒法時代にルチアーノおよびランスキーと親友になった。
そして年下の2人と協力し、シンジケートの全国的な組織作りをした。

ムーニーとコステロが蜜月関係となったのは1943年。
ムーニーがギャンブル事業に乗り出してからである。

「一杯飲る間もなく、俺たちは固く結ばれた」ムーニーはそう言い、こう続けた。

「好き嫌いの感覚がまるで同じだ。
 ともかく、あれほどキレる男に会ったのは初めてだ。
 物事の処理の仕方には舌を巻く。

 彼と同じ力を手にしたいと思い、一挙手一投足まで観察した。
 俺がもし誰かになりたいとすれば、コステロ以外にない。」

ムーニーとコステロは、1945年には共同事業も始めた。

コステロは、中西部に宝石の密売基地をほしがっていた。

間もなくムーニーは、中西部で強盗して奪った宝石をコステロ配下の故買屋ジョージ・アンガーの所に運び、コステロが密輸した宝石と一緒に西部に流し始めた。

この密売は莫大な金をもたらし、ムーニーはニューヨークに同盟者を得たことでシカゴにおける立場を強化した。

(2018年10月12日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る