シカゴ・シンジケートは各地に賭場を開いていく

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

ムーニーによると、彼が地元の賭場を押さえにかかった頃、トニー・アカードはジェイク・グーズィクとマレー・ハンフリーズに命じて、全国規模のギャンブル網作りを進めていた。

シカゴ・シンジケートは、アイオワ、カンザス、インディアナ、ミシガン、テキサスにギャンブル事業を拡大した。

さらに国内のあらゆるスポーツの勝敗データを賭元に流していた、通信社コンティネンタル・プレスの乗っ取りの仕上げにかかっていた。

コンティネンタルの前身はネイション・ワイドで、モー・アネンバーグが所有していたが、この出版界の大物は脱税で投獄された。

アネンバーグが会社を畳むと、長年そこで働いていたジム・レイガンがコンティネンタル社を設立した。

シカゴ・シンジケートは、レイガンのもつサービスはギャンブル事業拡大の突破口になると考え、オファーを示した。
だがレイガンは拒否した。

レイガンを業界から締め出すため、シカゴは自前の通信社トランス・アメリカを作った。
そしてレイガンの客を脅迫し、コンティネンタルから乗り換えさせた。

ムーニーは言う。

「それでもレイガンは業界の要だった。

 やむを得ず、デイヴ・ヤラス、レニー・パトリック、
 ウィリー・ブロックに処理に当たらせた。
 ガス・アレックスとストロンギー・フェラーノにも手伝わせた。

 これだけの兵隊をもってしても、最初は失敗に終わった。
 銃で襲ったが、奴は病院に逃げ込みやがった。

 ヤラス達はとうとう、病院内で密かに水銀入りのカクテルを
 仕掛けた。」

こうしてレイガンは奇妙な突然死をした。

ムーニーは言った。

「カリフォルニアのジャック・ドラグナには協力の見返りに5万ドル、
 ニューオーリンズのカルロス・マルセロには権益を譲ってやる。

 テキサス進出への地ならしをしてくれた礼だ。」

(2018年10月14日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る