ラスベガスに賭場を開いたバグジー・シーゲルは、
大金を着服したので殺される

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1946年12月に、イタリアに送還された後も影響力を保持していたラッキー・ルチアーノが、『コミッション』(全国のシンジケートの協会に冠した名称)の開催を呼びかけた。

アメリカ全土から36人の大物ギャングが集結したが、ハバナで開かれたこの会合にムーニーも呼ばれた。

ムーニーは、彼らと同列と見なされるまで出世したのだ。

ムーニーはハバナから戻ってくると、チャックに言った。

「これから数ヶ月のうちに、さる大物が消される」

1947年6月に、ムーニは大得意だった。

「ビバリーヒルズのバグジー・シーゲルの件は聞いたか?

 奴はシカゴの弾丸を2発も頭に喰らいやがった。」

「何をやったんだ?」チャックが聞いた。

「5年前、マイヤー・ランスキーがラスベガスにクラブ(賭場)を
 開くため、シーゲルを送り込んだ。

 フラミンゴを始めると間もなく、奴は大金をチョロマカシ始めた。

 トップのコミッションを無視しやがったので、ハバナの会合で
 奴は葬ることに決まった。」

「驚いたな。今じゃ兄貴も内幕の人物ってわけだ。」

ムーニーは笑って言った。
「内部情報を知ってるだけだ。
 それにシーゲルの始末をつける役廻りもだ。」

(2018年10月15日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る