チャックは違法ピンボール機に精を出し、
アン・マリーと結婚する

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1947年も後半を迎えた頃、チャックはムーニーからマルケット地区での違法ピンボール機の設置を任された。

ムーニーによると、その一画はアンディ・エイキンズ警察署長がシンジケートの活動を陰に陽に守っている。

実際にチャックは、サツの妨害なしに200ヵ所以上にピンボール機を設置できた。

この仕事だけでチャックは、12万ドルの利益を稼ぎ出した。

稼ぎがいいので至高の幸福感に浸っていたが、ムーニーが事あるごとに口にし始めた。

「チャック、お前も25歳だ。
 金もできたし、イタリア女と郊外の家、それに騒々しい子供たちが
 必要だな。」

そしてムーニー夫妻は、アン・マリー・トルシエッロを紹介してきた。

トルシエッロ一家の暮らしは4年前と変わりなく、カールは今も操車場で汗を流していた。

チャックは4年ぶりにアン・マリーに会ったが、17歳になった彼女は初々しい美人に変身しており、一目惚れしてしまった。

その後、2人はデートを重ねた。

1949年5月に、チャックとアン・マリーは結婚した。

シカゴ・シンジケートのボス達がお祝いに集まった。

さらにムーニーの部下たちも集まった。

副官のファット・レナードらに加えて、賭博補佐のロッキー・ポテンザ。

高利貸し兼取り立て屋のティーツ・バタリア、南地区の賭博係フランク・カルーソ、暗殺者兼たかり屋のジョーイ・ディヴァルコ。

殺しの他に売春・タバコ・ピンボールも扱うウィリー・ポテトズ。

労働組合関係の暴力係フィフィ・ブッチェリ。
政治フィクサーでジュークボックスも扱う、ブッチとチャックのイングリッシュ兄弟。

出席者には、アンディ・エイキンズ警察署長や検事の姿もあった。

ムーニーから金の運び屋を任されている、カトリック司祭のキャッシュ神父もいた。

さらにスーパーゲストとして、ジョー・E・ルイスも出席していた。

ルイスがマイクを取って「おませなロージー」を歌い出すと、ムーニーがくすくす笑って側にいるチャックに言った。

「俺とルイスは昔ちょっとあってな」

「へえ、ルイスと?」チャックは驚いて言った。

「27年前、俺のボスだったジャック・マクガーンが、
 ルイスのことで頭に来てな。

 ルイスは大物になるとケチな舞台を馬鹿にするようになった。
 そしてマクガーンのクラブを辞めて別のクラブに移ろうとした。

 マクガーンはかっとなって『出て行ったら生かしちゃおかねえ』
 と脅した。
 だがルイスは出ていっちまった。

 マクガーンは言ったことは実行する人間だ。俺とニードルズ・
 ジアノーラともう1人若いのを、野郎の所に送り込んだ。」

ムーニーはにんまりして続けた。

「ピストルで徹底的に殴って、喉だってめった切りよ。

 解放してやった時にゃ、奴の舌は皮一枚で繋がってるだけで、
 口からだらんと垂れてやがった。

 生きてんのが不思議だぜ。まして歌なんか歌えるとはな。」

ムーニーは得意気に話を続けた。

「この話は野火のごとく広まって、俺たちに逆らう芸人なんて
 1人もいやしねえ。

 特にルイスは俺には金輪際逆らわねえ。

 今じゃあの男も分をわきまえてる。
 俺たちは丁重に扱ってるし、お互いにただのビジネスだ。」

何という異常な世界だろうと、チャックは思った。

ルイスとムーニーはいつも親友のように振る舞っている。

ムーニーは何もかも計算ずくで、相手の弱さを見逃さない。

誰が操りやすいか、誰がとことん吸い上げやすいかを、すぐに見抜いてしまう。

チャックが新婚旅行から帰ってくると、ムーニーから悪い話をきかされた。

「ピンボールの機械は引っ込めろ。倉庫にでもしまえ。

 お前の担当してる地区で面倒が起こりそうだ。
 その間、労働組合へ行って、映画技師の仕事でももらえ。」

この頃、シカゴ教区のストリッチ枢機卿が、始終ムーニーの所へやって来た。

ムーニーが金の運び屋として使っているキャッシュ神父は、バチカンのマネーロンダリングにも関わっていた。

シカゴ出身の若い司祭ポール・マーシンカスは、1952年にストリッチの支援でバチカンに送りこまれた。

マーシンカスは出世していき、バチカン銀行の総裁にまでなるが、国際的なマネーロンダリングに関わったと糾弾され、教皇ヨハネ・パウロ1世の暗殺に加わったと疑われることにもなる。

(2018年10月17日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る