1948年の大統領選挙、トルーマンについて

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1948年も秋になると、ムーニーはもっぱら大統領選を話題にした。

「トーマス・デューイは勝てん。
 ラッキー・ルチアーノは、自分を投獄したデューイをいまだに
 恨んでいる。

 フランク・コステロも、デューイは物覚えが悪い上にビジネスの
 やり方も知らんと苛立っている。

 トルーマンは、健全な人物に見せようとたわ言を……世間の奴らは
 額面通りにとっているが……ほざいているが、奴はカンザスシティで
 俺たちと同じ育ちだ。」

「本当か? そりゃ初耳だ」チャックは驚いた。

「カンザスシティも、シカゴと似たり寄ったりだ。
 市長はアイルランド人のペンダーガストだが、こいつは私腹を
 肥やしてばかりで競馬の熱狂的なファンだ。

 あそこの連中はイタリア・マフィアと組み、詐欺や恐喝で稼いだ。

 ペンダーガストがトルーマンを判事に引き立て、
 その後イタリア人の力を借りて上院に送り込んだ。

 だからトルーマンは、何から何まで俺たちに借りがある。

 ルーズベルトが死んでからは、トルーマンがホワイトハウスの
 俺たちのダチだ。」

「信じられん。教師面していて、汚い事とは無縁に思ってた。」

ムーニーがため息をついた。

「おいおい、まさかマッカーサー元帥もお国のために戦う人物だと
 思ってたか?

 コネを使って買収しちまえば俺たちのものだ。」

1948年11月になると、ムーニーの言った通りトルーマンが大統領選で勝利した。

ムーニーは勝ち誇った表情で切り出した。

「トルーマンはシカゴで勝ったんだ。わずか3万票の差でだ。

 その3万票のために、俺たちはコソ泥の真似もしなきゃならなかった。

 もう俺たちの思い通りだ。

 近々、太平洋方面でゴタゴタが起きる。賭けてもいい。

 第二次大戦中に、あの辺りで騒ぎを起こせば金になると分かった。
 政府関係の請負い、闇市などだ。

 トルーマンは狙い通りに仕掛ける。
 そうすりゃ俺たちは、未開拓のアジアのシマを切り拓く。

 すでにフィリピンには手を伸ばしてるし、キューバではしこたま
 稼いでる。」

(2018年10月17日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る