ニューヨーク・シンジケートの内部抗争

(『ダブルクロス アメリカを葬った男』チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

1950年5月にキーフィーヴァー上院議員が、組織犯罪の調査をする委員会を結成した。

秋になると、暗黒街はどこでもキーフィーヴァーによる公聴会の話題で持ちきりだった。

この時期に、シカゴ暗黒街ではシンジケートの呼び名が消え、「アウトフィット(組織)」の名に変わった。

ムーニーによれば、各地の犯罪組織にそれぞれ名を与えるのは、早くからマイヤー・ランスキーが提言していた。士気高揚が狙いだ。

全国組織は「コンビネーション(連合)」ないしは「コミッション(委員会)」。

ニューヨークは「モブ(ギャング)」で、シカゴは「アウトフィット」。

ニューオーリンズでは「コンバイン(結社)」か「マフィア」に人気があった。

こう名称が違っては、キーフィーヴァーが混乱したのも無理はなかった。

だがニューヨークのボスの1人であるフランク・コステロは、調査委員会から「マフィアの首相」とレッテルを貼られ、政財界との繋がりも暴かれて苦境となった。

同じくニューヨークのボスの1人であるヴィト・ジェノヴェーゼは、コステロを倒すチャンスだと考えた。

コステロはキーフィーヴァー委員会で証言して以来、ジェノヴェーゼに狙われた。

しかしコステロに近づくには、まずコステロの盟友ウィリー・モレッティを排除しなければならない。

モレッティはニュージャージーのロンギー・ズウィルマンと組んでいて、フランク・シナトラのゴッドファーザーだと噂されていた。

1939年にトミー・ドーシー楽団から独立したがっていたシナトラを救ったという。

(トミー・ドーシー楽団はジャズの名門バンドの1つで、
 シナトラはそこの専属歌手でした。
 で、独立しようとして、マフィアに仲介を頼んだのです。)

最近モレッティは梅毒が進み、組織の秘密を漏らしたりするようになっていた。

ジェノヴェーゼはそれを口実に、「あいつを生かしといては為にならない」と主張した。

コステロは盟友を助けようとし、カリフォルニアに匿ったりした。

1951年初めに、ウィリー・モレッティが記者たちのインタビューに応じ始めると、ジェノヴェーゼは再びモレッティ抹殺を叫んだ。

これを見たコステロは、ニューヨークの殺し屋組織の頭目であるアルバート・アナスタシアに助けを求めた。

コステロは交換条件として、「お前のボスのヴィンセント・マンガーノを消す手助けをし、マンガーノの跡目にしてやる」とアナスタシアに約束した。

51年4月にマンガーノは行方不明となり、殺されたと誰もが思った。

アナスタシアはボスに納まり、コステロを支援した。

ところが次は、ジェノヴェーゼがアナスタシアに話を持ちかけた。
「俺と組もう」と。

アナスタシアは10月4日に、モレッティを撃ち殺した。

(2018年10月23日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る