新しい黒人ポリシー王テディ・ルーとの抗争

(ダブルクロス アメリカを葬った男 チャック・ジアンカーナ著から抜粋)

テディ・ルーは、エディ・ジョーンズがシカゴを去ったあと、後を継いで黒人ポリシー王となったが、絶え間ない死の恐怖にさらされながら生きていた。

ルーが生きている限り、ムーニーはシカゴ南部のポリシー場を支配できない。
ルーは黒人最後の抵抗者で、ヒーローになっていた。

ムーニーはルーに手を引かせるために、ルーの家に爆弾を仕掛けたり、家族を脅したりした。

だがルーは屈しなかった。

ムーニーの手下たちは、なぜ殺し屋を使わないのか、いぶかっていた。

だがチャックは、ルーがどこか兄の心に引っ掛かる存在なのだと見ていた。

ルーのようにムーニーに歯向かった者は、チャックの知る限り一人もいない。
だからムーニーは、屈折した敬意を抱いていたのだ。

ムーニーが一番求めていたのは、いくら金を積んでも動かない人間だった。
その男がここにいる、と思ったに違いない。

ようやく1951年6月19日に、ムーニーの配下3人がテディ・ルーを襲撃した。

ファット・レナード、ジミー・ニューヨーク、ヴィンセント・アイオリの乗ったリンカーンが道路脇に停まった時、ルーはこれで自分も終わりだと思ったにちがいない。

だが、ルーの雇っているボディガードたちが近くに居た。

いつもの勇気をふるって、暗殺者と対決すべくルーは向かった。

男が大胆に向かってくるのを見て、レナードらは顔を見合わせてニヤリと笑った。

「そろそろ行くか」とレナードは言いドアを開けた。
これが最後の言葉となった。

3人のイタリア人の足が舗道に着くやいなや、ルーとボディガードの両方から弾丸が雨と降り注いだのだ。

レナードは頭を撃たれて死に、残りの2人は車で逃げ去った。

逃げ帰った2人を、ムーニーは決して許そうとしなかった。

2人は命は助かったが、ムーニーの信頼を失った。
出世の道が閉ざされたのだ。

1952年8月4日の夜、テディ・ルーは再び襲われた。

家を出て車に乗ろうとしたルーを狙って、ムーニーの部下のショットガンが火を吹いた。
ルーは死んだ。

(2018年10月23日に作成)


ケネディ大統領の暗殺事件 目次に戻る