陸軍内の「皇道派」と「統制派」の抗争
永田事件、二・二六事件

(『日中戦争全史・上巻』笠原十九司著から抜粋)

日本陸軍の内部では、「皇道派」と「統制派」の派閥抗争があった。

「皇道派」は、陸軍大臣になった事のある荒木貞夫や、参謀次長や教育総監を務めた真崎甚三郎が中心となった派閥である。

彼らは、クーデターなどの非合法の手段を用いてでも政党政治を打倒し、天皇をかついで国家の改造をしようとした。

外交では強い反ソ・反共の感情を持ち、対ソ戦争の準備を進めようとした。

「統制派」は、参謀本部・第二部長を務めた永田鉄山が中心となった派閥で、国家総動員の体制を構築して、軍が国家改造をすることを主張した。

外交では、満州国の完成と、中国を屈服させる事を優先していた。

林銑十郎は、1934年1月に荒木貞夫の病気退陣をうけて、陸軍大臣になった。

銑十郎は就任すると、永田鉄山を陸軍省・軍務局長に起用して、皇道派を陸軍の中央機関から一掃しようとした。

35年7月には、皇道派の頭目である真崎甚三郎を教育総監から更迭し、自らの盟友である渡辺錠太郎を後任にした。

この人事に怒りをつのらせた皇道派は、1935年8月12日に相沢三郎・中佐が陸軍省に赴き、軍務局長室で永田鉄山をいきなり軍刀で殺害した。

これは「永田事件」とも「相沢事件」とも言う。

陸軍当局(統制派)は、皇道派の大物の柳川平助を35年12月2日付で台湾軍・司令官に転出させ、皇道派の牙城である第1師団(東京)の満州への派遣を決めて36年2月20日に公表した。

この人事は、皇道派の青年将校に「昭和維新」の決行をさせる事になった。

1936年2月26日、大雪に見舞われた東京で、青年将校は陸軍の1400人を率いて、クーデターを決行した。

これが「二・二六事件」である。

斎藤実・内大臣、高橋是清・蔵相、渡辺錠太郎・教育総監が殺害され、鈴木貫太郎・侍従長は重傷を負った。

岡田啓介・首相は、私設秘書の義弟が人違いされて殺され、啓介は女中部屋の押し入れに隠れて助かった。

クーデター部隊は、首相官邸、陸軍省、参謀本部、警視庁など、永田町一帯を占領した。

青年将校たちの言う「昭和維新」とは、英米協調派の政治家と統制派の軍人を倒して、天皇親政の下で対ソ戦をする事だった。

彼らは裕仁(昭和天皇)が理解してくれると思い込み、「決起趣意書」を上奏して、真崎甚三郎・大将に大命降下(組閣の命令)がされるのを期待した。

真崎甚三郎らはこの動きに乗っかっており、陸相官邸に呼ばれた甚三郎は「とうとうやったか、お前達の心はヨヨッ分かっとる」と言った。

この時に、古荘幹郎・陸軍次官や山下奉文・軍事調査部長も呼ばれている。

しかし裕仁は、重臣を殺され自らの統帥権を侵された事に激怒し、武力鎮圧を命じた。

青年将校たちは、天皇から反乱軍と見なす勅令が出たことで、混乱し動揺して、クーデターは無血で鎮圧された。

青年将校たちは検挙され、さらに皇道派の理論的指導者だった北一輝と西田税も逮捕された。

ニ・二六事件の裁判は、緊急の勅令により、一審制・非公開・弁護人なしの軍法会議が特設され、法廷は代々木練兵場に急造された。

この裁判は、陸軍の中央機関にいる皇道派がクーデターを容認したのを隠すため、北一輝や西田税らと少数の青年将校の妄動に矮小化し、彼らに厳罰を与えた。

被告たちに発言の機会すら満足に与えない暗黒裁判の結果、1936年7月5日に17人に死刑の判決が出た。

北一輝と西田税は、37年8月14日に死刑判決となった。

真崎甚三郎は、証拠不十分で無罪の判決が出た。

軍の中央機関のエリートたちは、同じ学校(陸軍士官学校や海軍兵学校)を卒業した知人の関係にあり、特権的な馴れ合いの関係にある。

だから彼らの権威を守るため、また相互の保身のため、高官の責任を追及しなかったのである。

二・ニ六事件で勝ち組となった統制派は、「粛軍」と称して、荒木貞夫・大将、真崎甚三郎・大将ら皇道派の大物を予備役に編入して、皇道派を一掃した。

また英米と協調する政治家(英米協調派)たちも、二・二六事件で襲撃の標的となったことで、大きく減退した。

こうして陸軍の統制派が、強権体制を確立した。

ニ・二六事件で岡田啓介・内閣は倒れたが、代わった広田弘毅・内閣は組閣の時から軍部の圧力にさらされ、ほとんどロボット内閣であった。

加えてこの時に、陸海軍の大臣と次官は現役軍人が就く制度が復活した。

これにより、内閣が軍の意向に反すると、陸相や海相を出し渋ることで、軍が内閣の死命を制する事になった。

(2020年6月25日に作成)


日本史 日中戦争(満州事変~日本の敗戦まで) 目次に戻る