日本史
日中戦争(満州事変~日本の敗戦まで)

   日中戦争の大略

   軍部(陸海軍の中央機関)の構成と内情について

   海軍内で「艦隊派(統帥派)」が勝つが、博恭の独裁下となる

   柳条湖事件から満州事変へ、満州国の建国

   第一次・上海事変

   満州国の執政に旧清朝皇帝の溥儀が就く、日満議定書

   満鉄(南満州鉄道株式会社)と満鉄調査部

   岸信介と満州産業開発5ヵ年計画

   満映(満州映画協会)

   満州国・協和会

  日本の植民地における阿片ビジネス① 阿片と関東軍・日本陸軍の繋がり

  日本の植民地における阿片ビジネス② 満州国政府の総務庁、岸信介、東条英機

   五・一五事件(犬養毅・首相が殺される)

   平頂山事件(日本軍の虐殺)

   日本の国連からの脱退(1933年3月)

   天皇機関説の排撃(1935年) 山本七平の論

   満州での抗日ゲリラ戦争と、日本の満州開拓移民

   日本の華北分離工作、傀儡の冀東防共自治委員会を設立

   中国における共産党の成長と、国民党と共産党の内戦

   西安事件(張学良が蒋介石を監禁し説得)

   陸軍内の「皇道派」と「統制派」の抗争、永田事件、二・二六事件

   海軍は南方進出を国策にさせる

   海軍は華中・華南で戦争を始めようとする、北海事件など

   盧溝橋事件が起きると、陸軍中央と近衛内閣は派兵を決め北支事変と名付ける

  北支事変(日本の華北派兵)を受けて、第2次の国共合作が成立する(通州事件も)

   海軍は盧溝橋事件が好機と見て、華中・華南で戦争を始めようとする

   和平の動きを潰すため、海軍は大山事件を起こす。第二次・上海事変となる

   海軍は南京(首都)などを空爆する、近衛内閣の暴支膺懲の声明

   近衛内閣は日中の全面戦争を「支那事変」と名付ける、裕仁の勅語が出る

   南京空爆の本格化、ブリュッセル会議、大本営の設置

   第二次・上海事変

   中国大陸での日本軍の毒ガス使用が始まる、陸軍習志野学校の創設

   中国大陸での日本軍の毒ガス使用が本格化する

   川島芳子の生涯① その最後と周りの者の評価

   川島芳子の生涯② 実父・善耆(肅親王)と養父・川島浪速

   川島芳子の生涯③ 来日から断髪まで

   川島芳子の生涯④ 動乱の中国

   川島芳子の生涯⑤ 結婚と離婚、田中隆吉の愛人になる

   川島芳子の生涯⑥ 関東軍に協力して、第一次・上海事変という謀略に参加する

   川島芳子の生涯⑦ 安国軍司令となって熱河作戦に参加する

   川島芳子の生涯⑧ 迷走する芳子

   川島芳子の生涯⑨ 日本軍に暗殺されそうになる

   川島芳子の生涯⑩ 日本が敗戦すると中国政府に逮捕される、処刑と生存説


日本史の勉強 トップページへ戻る