サウジアラビア史
トップページ

      サウジアラビアの特徴

      サウード家とワッハーブ家の同盟

   サウード家のファイサルによる復権・その後の亡命

   サウード家のイブン・サウードが、故郷で復権する

     イブン・サウードとイギリスは手を結ぶ

イブン・サウードはイギリスの管理下で、サウジアラビアを建国する

      サウジアラビアの統治手法

    サン・レモ協定と赤線協定(石油利権の秘密協定)

石油の発見と、カリフォルニア・アラビアン・スタンダード社の進出

  米国の石油会社が次々と進出し、軍事面でも米国と結びつく

     第2代国王サウード

     産油量の増大により、社会変動が起きる

     第3代国王ファイサル

   サウジは石油危機の原因となる・米サ秘密協約を結ぶ

     サウジの対外援助政策

  イラン革命が起きた時に、サウジで革命が起きなかった理由

     第4代国王ハーリド(1975~82年)

     第5代国王ファハド(1982~2005年)

     第6代国王アブドッラー(2005~15年)


歴史の勉強 トップページへ戻る